当院では経鼻的胃内視鏡検査(胃カメラ)を行います。
院内設備へ
内視鏡室
◆受 付 ◆診察室 ◆レントゲン室 ◆採血・点滴室 ◆処置室 ◆内視鏡室 ◆外来手術
      経鼻的胃内視鏡を聞いたことがありますか?

 胃カメラの検査を口からではなく鼻から行う検査のことです。
極細径の胃内視鏡(直径5.9o)を経鼻的に挿入することにより、咽頭反射を引き起こす舌根部の圧迫が著明に減少します。
経鼻的挿入法では患者さんが検査施行医や看護師と会話することができます。その為、安心してリラックスした状態で検査を受けることができます。
経鼻的胃内視鏡研究会のアンケート調査では、
90%以上の患者さんが「ほとんど苦しくなかった」と答えています。
不利な点としては、鼻出血、鼻腔痛などが少数例にみられます。
また、極細径の為、操作性の軽度の制限、画像の荒さなどがみられます。これらの点は現在、メーカーの努力により著明に改善してきています。

 以上より経鼻的胃内視鏡検査は検診に非常に有用な方法と考えられます。