特集

これって水虫だったの??     ノバルティスファーマ株式会社のパンフレットより 

知っているようで知らない水虫の話
 水虫は皮膚にカビが寄生することで起こる感染症

足の水虫と呼ばれているものは、医学的には足白癬(あしはくせん)といいます。足白癬は白癬菌(はくせんきん)というカビの仲間が皮膚に寄生して起こる感染症です。白癬菌は皮膚の表面をおおっている角層の成分であるケラチンというたんぱく質を栄養源にしているので、足だけでなく、皮膚ならからだのどこにでも、さらには皮膚の一部である爪や毛にも寄生します。
白癬は白癬菌がついた場所によって病名が変わります。頭髪に寄生すれば頭部白癬(シラクモ)、内股に寄生すれば股部白癬(インキンタムシ)、手に寄生すれば手白癬(手の水虫)、爪に寄生すれば爪白癬(爪の水虫)、それ以外の顔から足の甲までに寄生すれば体部白癬(タムシ、ゼニタムシ)となります。

 白癬の診断

白癬かどうかを診断するためには、ピンセットやメスで疑わしい場所のむけた皮(鱗屑)を掻き取ったり、爪の一部を削って、そのなかに白癬菌がいるかどうか、顕微鏡を使って調べます。

水虫にもタイプがあります
 足白癬の3つのタイプ

足白癬には趾間型(しかんがた)、小水疱型(しょうすいほうがた)、角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)の3つのタイプがあります。

       
     写真提供:笠井皮膚科院長 笠井達也先生

趾間型

足の趾(ゆび)の間が赤くなって皮がむけたり、ただれてジメジメしたり、皮が白くふやけたりします。

小水疱型

足の裏や側面、趾の腹などにか細かな水脹れ(小水疱)ができてまわりが赤くなります。小水疱は日が経つと乾いてかさぶたになります。また、小水疱が目立たず、赤くなって薄く皮がむけるだけのこともあります。小水疱ができたときには強い痒みがあります。

角質増殖型

足の裏全体がカサカサして厚く硬くなり、ボロボロと皮がむけたり、踵がひび割れてアカギレのようになることもあります。痒いことはありません。

 趾間型と小水疱型に同時にかかることはありますが、角質増殖型と小水疱型が同時に見られることはありません。

 趾間型、小水疱型は塗り薬(外用薬)でかなり良くなりますが、角質増殖型は外用薬だけではよくならず内服薬との併用が必要です。